電子コミック

電子書籍という言葉が誕生したのは2000年台。
そして2014年現在はすでにこの言葉は多くの人に浸透しており、紙と電子では大きく電子の方が伸びてきている。
そもその電子書籍というのは利点が非常に多く、劣化などもしないで鮮明に、かつ手軽に1台のスマートフォンだけで読める事が可能になったからである。

日本国内の電子書籍は、小説や週刊誌、月刊誌、専門誌など数多くの種類が存在し、売上を競っているが一番はやはりマンガが牽引しているという。やはり手軽に片手で何百冊ものマンガを読めるというのは非常に便利である。

調べただけでもコミックを取り扱っているサイトは下記サイトはメインであるが、この他にも数多く存在している。

  • コミックシーモア
  • ekubostore
  • 電子貸本Renta!
  • コミなび
  • Handyコミック
  • まんが王国
  • めちゃコミック

購入システム

読みたい作品毎にお金を支払うのではなく、事前にポイント購入が基本システムである。
大体は最低300円購入が可能であり、1ポイントあたり1円の単価である。
購入は、1話もしくは1巻で選ぶ事ができる。
コミック作品にもよるが1話あたり50ポイント~80ポイントで読む事ができます。1巻は300ポイント~500ポイントである。

支払い方法

主にポイントを購入する際は、キャリア決済とクレジットカード決済が通常で、銀行振込みを対応している会社はほとんど存在しない。ちなみにキャリア決済は、日本国内だとドコモ・au・ソフトバンクの3社のみになる。

コミックサイトの信用度

近年、通販サイトなど詐欺サイトが横行している。その中でもネットでショッピングをする際は、コミックサイトでも同じ事である。
ただし、下記を導入を実施している場合はサイトの信用度は非常に高いので利用しても間違いないと言える。

キャリア決済
これは、先程にも説明した国内3社(ドコモ・au・ソフトバンク)が消費者とコミックサイトの仲介役として先に金額を支払ってくれるシステムである。もちろん、怪しいサイトだったりしたらこの各通信会社の審査は通らないはずなので、導入しているコミックサイトは通信会社からお墨付きだと言えるのである。

CM
めちゃコミックはテレビCMを導入して、集客を行っている。ちなみにこのCMを行っている時点でのコミックサイトの信用度は非常に高いのである。テレビCMを放送するのにも幾つもの審査が用意されており、もちろん怪しいサイトや資本金が少ないサイトであれば審査は通らない。テレビCMは広告の中で最も広告費が高いと有名である。時間帯にもよるが夜20時などの多くの視聴者がいる時間帯であれば500万~1000万はくだらないと言える。

サブコンテンツ

このページの先頭へ